kajōgaki | 社会人の学びのNote

1日5分で学べる箇条書きに拘ったビジネス知識・スキルの自己啓発ノート

ビジネスにおける生産性を向上させる7つの方法 | 個人でできる取り組みと考え方

ビジネスにおける生産性を向上させる7つの方法 | 個人でできる取り組みと考え方

この記事では、このブログ「kajōgaki | 社会人の学びのNote」で紹介した学びの中から、ビジネスにおける生産性を向上させることを考える時に、役立ちそうな学びをまとめて紹介したいと思います。

仕事や会社で生産性を向上させたい方「生産性を上げろって言われるけど…。いったい何をしたら良いの…、そもそも対策が間違っているのでは…。色々対策しているけど効果があがりません。具体的な生産性を向上させる方法を教えてください。」

こういった疑問に答えます。

記事のテーマ

ビジネスにおける生産性を向上させる方法がわかります。

読者さんへの前置きメッセージ

本記事では「自分の仕事の生産性を向上させたい方、会社の生産性を向上させたい、生産性を高める方法を知りたい。色々対策しているけど効果が出ない」という方に向けて書いています。

この記事を読むことで、「ビジネスにおける生産性向上の方法」をイメージできるようになると思います。

はてなブロガー様は是非、読者登録をお願いします。

目次

なぜ労働生産性が低いのか

まずは、なぜ労働生産性が低いと言われるのかをここでは書いていきたいと思います。

日本人の労働生産性が低いのは、これまで経営者が「IT設備投資」や「従業員の再教育」を怠り、コストの安い非正規社員などの活用によって不況を乗り切ろうとしてきた経営者の側に責任があるのではないでしょうか。

労働生産性が低いことについて「勤勉性」を関連づける意見をよく耳にします。

労働者の勤勉性に生産性の低い要因を見つけようとするから、「勤務時間を減らせば生産性は上がるはず」という短絡的な考え方になります。

なぜ労働生産性が低いのか」や「日本企業のIT化」などの学びを、「間違った生産性向上 | 残業を減らして同じ内容の仕事より仕事の内容で労働を判断」で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

 目次に戻る。

ビジネスにおける生産性を向上させる7つの方法

それでは、ビジネスにおける生産性を向上させることを考える時に役立ちそうな学びを7つに分けて見ていきたいと思います。

1.生産性を可視化して改善

業務改善には「処理高速化型」と「プロセス見直し型」の2つのタイプがあります。

「処理高速化型」は即効性があり、その時点においての時短効果が目に見えてわかるため安心しがちですが、プロセス見直し型」にも取り組まなければ生産性は向上しません。

見える化は改善の基本で、業務を洗い出すことが重要となります。

業務を洗い出した後は、様々な切り口や発想で「業務のムダ」に気づけるようにします。

そして、改善を考えることになりますが、改善策には「ムダをなくすもの」と「生産性をあげるもの」の2種類があります。

業務を洗い出すこと」や「改善策を考えること」などの学びを、「業務をどのように見直したらよいのか具体的な手順 | 生産性を可視化して改善をインプットとアウトプット」で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

 目次に戻る。

2.To Stopリストの重要性

日々のタスクを少しでも減らすことが、時間なりコストなり、何かを新しく始めるための余力を生み出してくれます。

ですので、仕事の生産性は足し算ではなく引き算で決まります。

「何をやるか」より「何をやらないか」を明確にすべきです。

やるべきと思われているが、実は不要な仕事を入れた「To Stopリスト」を作成することで引き算の生産性向上ができます。

リストを作るタイミング」や「リストに加えること」などの学びを、「ToDoリストよりTo Stopリストの重要性 | 本質的な価値を生み出すシンプルな考え方」で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

 目次に戻る。

3.仕組み化・マニュアル化

仕事の生産性を高めるために、仕組み化を取り入れ、個人でも簡単にできる仕事効率化を図る方法があります。

仕組みとは誰がいつ、何度やっても同じ成果が出るシステムのことで、あるコトを仕組みに放り込んだら、事前に取り決めたルールに従って仕組みがそれを処理し、毎回同じ期待通りの結果を出すことができ、仕組み化することで成果が再現可能になります。

時間をつくるためには、日常業務を振り返って仕組みのメスを入れる対象を見つけることが必要です。

自分一人で仕事を抱えすぎると生産性を上げることは難しくなっていき、個人レベルであっても「人の力を借りる」という意識を持つことは重要です。

そこで効果を発揮するのが、マニュアル化です。

仕組み化する考え方」や「マニュアル作成」などの学びを、「個人でも簡単にできる仕事効率化の方法 | 仕事の生産性を高めるための仕組み化・マニュアル化」で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

 目次に戻る。

4.時間管理能力の向上

やりたいことすべてをこなすための一番のポイントは、完璧にやらないことで、やらなければいけないことを先延ばしにする癖を受け入れ、活用する方法もあります。

うまくいくべきと思う手法を探すのではなく、どうしたら本当にうまくいくかを見つけることに集中することが大切です。

時間管理術」や「成長型マインドセット」などの学びを、「時間管理能力の向上と生産性マインドセット | 人生がうまくいく問題解決の方法」で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

 目次に戻る。

5.タスク管理の最適化

マルチタスクを行うと効率が低下し、一点集中の「シングルタスク」をこなす方が効率を高めることができます。

私たちは必死になって一度に複数のタスクをこなそうとしています。

その結果、「集中力がなくなる」「ストレスがたまる」「目の前の作業と何の関係もないことでヤキモキする」などが生じ、今、目の前にいる人たちに無礼をはたらいていたりもします。

マルチタスクをこなそうとする試みと能率の悪さには相関関係があります。

人間の脳は、一度に複数のことに注意を向けることができないのです。

マルチタスクは存在しない」や「タスクをまとめる」などの学びを、「タスク管理の最適化の方法 | シングルタスクの原則で最大の成果」で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

 目次に戻る。

6.集中と生産性

SNSやメールなどによって集中できる環境がなくなった現代において、短時間でも仕事を中断すると生産性を低下させる原因になります。

認識能力を限界まで高める「ディープ・ワーク」とあまり知的思考を必要としない「シャロー・ワーク」があります。

このネットワーク時代、知的労働者はディープ・ワークをどんどんシャロー・ワークに変えてしまっていますが、「高めようとしている特定のスキル、アイデアにしっかりと注意を集中する」ことはとても重要で、ディープ・ワークが大切となります。

集中して取り組む方法

  1. 仕事スタイルに合わせてディープ・ワークを取り入れる
  2. 儀式化で、集中を乱すものを最小限にする
  3. どこかに「缶詰め」になる
  4. 一人で仕事をしない
  5. 何をとどのようにを分ける
  6. 自分の脳に休息を与える

注意力を一点に集中すること」や「集中して取り組む方法」などの学びを、「集中して仕事の生産性を高めるための方法 | 大事なことに集中することの大切さ」で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

 目次に戻る。

7.生産性向上の事例を真似る

生産性を向上させる上で、他の企業の生産性向上を真似てスピーディーに生産性を向上させるのも一つの方法です。

その際に役に立つ考え方が、「サバンナ思考とマヨネーズ理論」です。

サバンナ思考とは、思考停止することなく変化していく思考で、危機感を持ち続けて、1つでも多くのことに気づき、すぐに行動することです。

マヨネーズ理論とは、すごい人のやり方を丸パクリして最速最短で成長するメソッドです。

サバンナ思考とは」や「マヨネーズ理論とは」などの学びを、「超速で成長する人が持っている考え方 | サバンナ思考とマヨネーズ理論」で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

生産性向上の事例としては、厚生労働省から「生産性向上の事例集」が出ていますので、ご参考までにリンクしておきます。

 生産性向上の事例集 - 厚生労働省

 目次に戻る。

この記事のまとめ

生産性を向上させる方法

ビジネスおける生産性を向上させる方法は色々あると思いますが、今回は、7つのビジネスにおける生産性を向上させる学びをまとめさせて頂きました。

個人で使える生産性を可視化することから、To Stopリスト、そして、個人でも組織でも活きる仕組み化・マニュアル化まで幅広い生産性を向上させる方法をご紹介させて頂きました。

活用できる方法があれば、取り入れて自己や組織の生産性を向上させて頂けたら幸いです。

また、新しい生産性を向上させる学びがありましたらご紹介させて頂きたいと思います。

今回は、手法として生産性の向上をするための学びをご紹介させて頂きましたが、手法ではなくツールを利用してビジネスにおける生産性を向上させる方法も記事でまとめています。

生産性向上の業務効率化ツール人気10選の記事を「生産性向上の業務効率化ツール人気10選|導入実績が豊富な業務効率化ツールの特徴や機能」で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

今回も、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

このブログ「kajōgaki | 社会人の学びのNote」は、基本的な記事については、忙しい日々でも、1日5分以内で読めるように、1記事を2,000文字から3,000文字以下に抑えてまとめ、5分程度で読めるボリュームの箇条書きでのまとめた社会人としての学びNoteをコンセプトに、ほぼ毎日、出来る限り学びのアプトプット記事を更新しております。

もっと自己啓発を深堀りしたい方はこちらの記事がお勧めです。

社会人に学びが必要な具体的理由の記事を『社会人に学びが必要な具体的理由 | 将来不安を解決するのは学び時間を自己投資』で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

朝の時間には、自己啓発のアウトプットの時間として、ほぼ毎日、Twitter、Instagramなどに学びの要点を投稿しています。

TwitterInstagramPinterestFacebookのアカウントがある方は、フォローを宜しくお願い致します。

kajōgakiのSNS

自己啓発として本を仕事に活かす方法は、こちらの記事がお勧めです。

自己啓発として本を仕事に活かす方法や自己啓発の必要性と時間の確保方法に関して『自己啓発として本を仕事に活かす方法 | 自己啓発の必要性と時間の確保方法も併せて理解』の記事で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

随時、新しい学びのアウトプット記事を更新してますので、是非、はてなブロガー様は読者登録その他の方お気に入りやブックマークなどをお願い致します。

三日坊主でも継続

昨日より今日の自分が0.1%何かで向上したとすれば
三日坊主で1年で300日学んだとしても
1年間1.3倍の成長
10年間10倍の成長
20年間100倍の成長
30年間1000倍の成長

TOP