kajōgaki | 社会人の学びのNote

1日5分で学べる箇条書きに拘ったビジネス知識・スキルの自己啓発ノート

就職に強い資格・スキル7選 | 取得しておくと就活に有利なオンライン講座で学べる資格やスキル

就職に強い資格・スキル7選、取得しておくと就活に有利なオンライン講座で学べる資格やスキル

この記事にたどり着いた就活生は、他の就活生より一歩抜きに出ることができたと思います。

いつもは、社会人向けに学びのアウトプットのブログを発信させて頂いてますが、今回は、就活生向けに、就職に強いスキルと資格について記事をまとめてみたいと思います。

これから就活に挑もうとしている方「就職できるかどうか心配…。就職に有利になることは…。志望業界に有利な資格やスキルは…取得しておくと就活に有利な資格やスキルを教えてください。」

こういった疑問にお答えします。

この記事のテーマ

取得しておくと就活に有利な資格やスキルが学べ、学ぶ方法も知ることができます。

読者さんへの前置きメッセージ

本記事では「これから就活をしていく方。就活に少しでも有利進めたい。」という方に向けて書いています。

この記事を読むことで、「就活に有利な取得しておいた方がよい資格やスキル、取得のための対策方法」までをイメージできるようになると思います。

はてなブロガー様は是非、読者登録をお願いします。

目次

就活に資格やスキルが有利な理由

就活に資格やスキルが有利な理由は、資格があると履歴書やESをきれいに埋めることができ、企業にあった資格やスキルを持っていることで志望意欲が高いことをアピールすることができます。

学ぶことへの前向きな姿勢をアピールすることができ、資格やスキルを取得するために学んだ知識を面接で活かすこともできます。

アピールするときのPOINT

資格・スキルをもっていること自体をアピールに使わない。

資格やスキルをアピールするときに重要なのが、 「資格・スキルをもっていること自体をアピールに使わない」ことで、 その資格やスキルを得るためにした努力や勉強をしようと思ったきっかけなどを、 エピソードとして説明する方が、資格やスキルをアピールするのに有効です。

 目次に戻る。

就活生におすすめ資格

それでは、就活をする上で取得しておきたい資格やスキルをご紹介していきたいと思います。

 目次に戻る。

1.TOEIC

採用時に「TOEIC」のスコアを参考にしている企業のデータは50%以上あり、業種に関わらずに、絶対に取得しておきたい資格1つです。

一般的に、履歴書に書けるTOEICのスコアは650点からといわれていますが、 企業が新卒に求めるスコアは535点とのデータもあります。

企業によって採用時に必要なスコアは異なりますが、グローバル化が進む現代においては、TOEICは就活において必須ともいえる資格になっています。

試験日を決めて、試験に向かい着実に勉強していき取得しておきましょう。

TOEICのコツ

● リスニングは頻出フレーズや頻出ジャンルを覚えておく
● パート3・4は次の設問を先読みして内容を把握する
● スコアを落とさない解き方のコツとして、パート7に1時間残せるような時間配分が重要。ただし、パート7の最後の方は難易度の高い問題なので、最初から捨てて他の比較的簡単な問題に専念するという解き方をした方が最終的なスコアがよくなる場合もあります。(830点以上を目指す場合は上記の方法は辞めた方が良し。)

 目次に戻る。

2.ITパスポート試験

急速なITの成長により、IT業界は人気の就職先になってきていますが、ITの基礎知識を学ぶことで、現場のエンジニアの方々とスムーズにコミュニケーションが取れる人材となれます。

そこでおすすめなのが、 ITに関する基礎的な知識が証明できる「ITパスポート」という国家試験です。

ITパスポートがおすすめ理由として、年間を通しての試験回数が多いことで、多い地域だと、約週に1回程度実施されていて、数回受けて合格を目指すことも可能です。

 ITパスポート試験の情報:ITパスポート試験Webサイト

 目次に戻る。

3.簿記3級

銀行や証券など金融業界、総合商社やコンサル業界を目指す人にとっては簿記3級は必ずとっておきたい資格の1つとなります。

3級は取得しやすい資格でもあるので、余裕のある人は3級を取得した上で2級を目指すのが良いかと思います。

簿記3級のハードルはそこまで高くなく、きちんと勉強をすれば受かる資格となってます。

試験の受験費も三千円弱とリーズナブルで、現在は試験会場での試験とネットでの試験を行っているので、就活前に資格を取りたいという方にお勧めです。

 簿記試験の情報:商工会議所の検定試験

 目次に戻る。

4.文章検定2級

文章検定は日本漢字能力検定などを行っている「公益財団法人 日本漢字能力検定協会」が主催している資格の1つです。

この資格はどの職業を目指す人にもお勧めの資格となっております。

仕事において文章能力は「重要」で、また、多くの会社が新卒に対して、文章能力に「課題」があると考えているそうです。

大学になると文章を読み取る力、書く力について改めて学ぶ機会は少ないので、この資格を取ることで、資格以外にも社会にでて役に立つ知識を取得することが出来ます。

 簿記試験の情報:公益財団法人 日本漢字能力検定協会

 目次に戻る。

自己PRで使えるスキル

ジョブ型の雇用が広がり、個々の職務に対する専門性がいっそう求められる現在、学校以外で自分の興味のあるものを進んで学んだというエピソードは就活の自己PRでも使用することができます。

スキル取得に向けて自ら学んでいく姿勢というものが新卒にも求められるようになってきているのです。

そこで、所得しておくと自己PRにも役に立つお勧めのスキルを自己PRの例の引用と共にご紹介したいと思います。

 目次に戻る。

1.Excel/PowerPoint

社会にでて必ず持っておくべきスキルの一つが「Office」です。

Excel、PowerPointを扱う業務はとても多く、社会人になっても上手な活用ができないとなると、仕事を任される機会が減ります。

逆にいうと、学生の頃から、Office の知識を身に着けることで社会にでて、即使える新人として仕事を進めていくことができます。

お勧めの自己PR例を見てみたいと思います。

2021.02.04お役立ち情報

自己PR例
「私の強みは、必要なスキルを自ら学んでいくことが出来る力です。昨年、インターンシップに行った際、業務の中でエクセルを使うことが多くありました。エクセルの基本的なスキルは持っていましたが、実際の社会ではより深いエクセルのスキルが必要になることが分かりました。そこで、インターン後にeラーニング を使用して、エクセルを学ぶ講座を受講しました。エクセルを基礎から学びなおしたことで、大学のレポート作りにも活かすことができました。このように、場面や環境に応じて必要なスキルを自ら学んでいけることが私の強みです。」

  出典:BizLearn

 目次に戻る。

2.証券アナリストスキル

銀行や証券など金融業界を目指す方は獲得しておきたいスキルです。

金融業界は待遇が良いことが多く、新入社員にとって人気の業界でもありますが、それと同時にハードルが高い業界でもあります。

どの学部を専攻していても、証券の基礎知識を兼ね備えていることは就職活動において重要になりますが、学校以外で証券の勉強を自主的に行っていることは大きなアピールポイントにもつながります。

お勧めの自己PR例を見てみたいと思います。

2021.02.04お役立ち情報

自己PR例
「私の強みは興味のあることを見つけ意欲的に勉強をしていける力です。 私は、大学では英文科を専攻していたのですが、英語の勉強の一環として海外のニュースを英語で見るようにしています。人種差別のデモが証券価格に影響しているというニュースを見てなぜ、デモが証券価格に影響するのか疑問に思いました。そこで、以前から興味のあった証券についても勉強をすることを決め、証券に関するeラーニングを受講しました。実際に証券について勉強すると証券価格の変動には様々な要因があることに気が付きました。社会に出ても、仕事の中にある些細な事にも興味を持ち探求していくことで、自分のスキルを磨いていきたいと思っております。」

  出典:BizLearn

 目次に戻る。

3.英文ビジネスeメールスキル

英語を使用した仕事につきたい方には必要になるスキルです。

英語を使用する仕事につきたい方は「TOEIC」で700点以上を取得することが内定を取る為の鍵になってきますが、「TOEICスコア=ビジネス」の場面で使用できるスキルではありません。

TOEICではリスニング、リーディングが主になり、仕事でメインになってくるライティングは含まれていませんので、英文ビジネスeメールスキルは重要になってきます。

お勧めの自己PR例を見てみたいと思います。    

2021.02.04お役立ち情報

自己PR例
「私の強みは、自分に足りないスキルを見つけそれを埋める為に自ら行動できることです。私は大学2年生の時に3カ月アメリカに留学をしました。この経験を通し、グローバルな環境で仕事がしたいと思うようになりました。帰国後TOEIC ®750点を取得しました。しかし、英語を使用する仕事をすると想像したときに、私にはライティングの技術が劣っていることに気が付きました。そこで、大学の授業だけではなく、英語のライティング力を高める為に、自らeラーニングでビジネス英語ライティング講座を受講いたしました。目標を決め、その目標を達成する為に今の自分に必要なスキルを考え主体的になって行動していけることが私の強みです。」

  出典:BizLearn

 目次に戻る。

自己PRのアピール方法

新卒であっても就活時に資格やスキルを所有していることや勉強に対して前向きな姿勢があることは、今までの内容でも重要なことはご理解頂けたことと思います。

資格やスキルをアピールする際には、下記のことを意識できたら良いかと思います。

  1. 結論(自分の強み)
  2. 過程(具体的な資格、スキルを取ろうとした背景や勉強での過程)
  3. 活用(自分の強みを今後どのように活かすのか)

 目次に戻る。

資格やスキルを効率よく取得する方法

就活に向けて今から「資格を取りたい。自己アピールで使えるスキルがほしい。」

そんな方は、いますぐ学習を始めましょう。

いますぐ学習を始めるためにお勧めなのが、大手企業の研修でも採用されているeラーニング(累計受講者数7,157万人以上)で、効率的に資格・スキルを取得することができる「BizLearn」です。

記事でお勧めした資格やスキルが全て「BizLearn」のWEB講座内にあるので、「このオンライン講座だとこの資格の講座しかない」「このオンライン講座だとこのスキルしか身に付けられない」などの面倒なことがなく、必要な資格やスキル全てを1つの学習サイトで学ぶことができます。

また、就職した後でもその時々に必要なスキルを身に付ける講座が整っていて、就職した後でも色々なスキルを身に付けることも可能な便利なオンライン講座です。

BizLearnの公式サイトはこちらから

BizLearn公式サイト

 目次に戻る。

この記事のまとめ

取得しておくと就活に有利な資格やスキル

今回は、就活生向けに、就職に強いスキルと資格についてまとめさせて頂きました。

取得しておくと就活に有利な資格やスキルは、その後の社会人としても、もちろん役に立つので、挑戦しておいて損はないと思います。

就活で資格をアピールするには、資格を取得する前後の話が重要ですので、挑戦しつつ、その間のエピソードもしっかりメモなどしておいて、面接などに使える経験としておくとよいかと思います。

このブログ「kajōgaki | 社会人の学びのNote」は、自分が自己啓発として学んだ内容を社会人向けの自己啓発のアウトプットとして、基本的な記事は、忙しい日々でも、1日5分以内で読めるように、1記事を2,000文字から3,000文字以下に抑えてまとめ、5分程度で読めるボリュームの箇条書きでのまとめた社会人としての学びNoteをコンセプトにほぼ毎日出来る限り学びのアプトプット記事を更新しております。

社会人になってからも役に立つブログとなってますので、是非、継続して記事を読んで頂けたら幸いです。

朝の時間には、自己啓発のアウトプットの時間として、ほぼ毎日、Twitter、Instagramなどに学びの要点を投稿しています。

TwitterInstagramPinterestFacebookのアカウントがある方は、フォローを宜しくお願い致します。

kajōgakiのSNS

随時、新しい学びのアウトプット記事を更新してますので、是非、はてなブロガー様は読者登録その他の方お気に入りやブックマークなどをお願い致します。

三日坊主でも継続

昨日より今日の自分が0.1%何かで向上したとすれば
三日坊主で1年で300日学んだとしても
1年間1.3倍の成長
10年間10倍の成長
20年間100倍の成長
30年間1000倍の成長

TOP