kajōgaki | 社会人の学びのNote

1日5分で学べる箇条書きに拘ったビジネス知識・スキルの自己啓発ノート

社会人が陥るキャリアの不安を解決する7つの考え方 | 時代変化に気づき個人の対応が重要

社会人が陥るキャリアの不安を解決する7つの考え方、時代変化に気づき個人の対応が重要

この記事では、このブログ「kajōgaki | 社会人の学びのNote」でご紹介した学びの中から、社会人が陥る自分のキャリアの不安について考える時に、解決できそうな学びをまとめてご紹介したいと思います。

自分のキャリアに不安を感じている方「給与が低い…専門知識やスキルが不安…やりたい仕事ができていない…今の業種・職種に将来性を感じない…。キャリアに対する考え方を教えてください。」

こういった疑問に答えます。

記事のテーマ

自分のキャリアへの不安を解決する考え方がわかります。

読者さんへの前置きメッセージ

本記事では「自分のキャリアに不安をもっていて、キャリアについてどのような考え方があるのだろう」という方に向けて書いています。

この記事を読むことで、「自分のキャリアへの不安解決」についてイメージできるようになると思います。

はてなブロガー様は是非、読者登録をお願いします。

目次

今時代のキャリアプランとは

もはや大企業の従業員であっても全身全霊のコミットメントの代償として、生涯の安定を得るということが当たり前ではなくなりました。

これからは個人の責任に基づくキャリアの構築が当たり前になる時代になります。

これまでの単純作業や定型業務などの仕事はAIなどによって消滅していく予想の中、これから人が担うべき業務が変化し、求められるスキルも変わってきます。

求められるスキルが変わるということは、自分の持っているスキルが必要となるのか必要とされないのかで築けるキャリアプランも変わっていきます。

時代の変化に早く気づき個人としても対応していくことが、自身が満足のいくキャリアプランを築くことができたり、豊かな人生を築くことができるのではないでしょうか。

それでは、キャリアについての考え方を詳しくみていきたいと思います。

 目次に戻る。

1. キャリアプランの問題

キャリアプランを立てること自体は悪いことではありません。

ここ10年のインターネットとAI技術の発展を見れば、これまでの延長線上で将来に備えることが無意味だとわかります。

そんな状況下で、今立てたキャリアプランはいつまで有効なのかが重要になります。

キャリアプランの最大の問題は、自分の可能性を今の自分に限定してしまうことです。

キャリアプランを立てるなら、選択肢を狭めるものではなく広げるものにすることと、キャリアプランをつくったら何度もつくり直すことが重要です。

キャリアプランの問題」や「ミッションを見つける」などの学びを、『仕事や人生を楽しむコツがあるとすれば何か | 好きで得意になる仕事や人生の教科書』で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

 目次に戻る。

2. キャリア人生戦略の考え方

これからの時代は、AIによってコモディティ化する人とレアな人材に二極化すると言われています。

レアな人材になるためには、キャリアのかけ算によって希少価値を生む必要がでてきます。

キャリアのかけ算は、キャリアの大三角形を大きくしていくことがポイントとなり、3つのキャリアのかけ算をして100万人に1人の「希少性」ある人材に変身することが可能となり、三角形の面積を大きくして、「希少性」を高めることができます。

早く「個人」として目覚め、自分に付加価値をつけることが重要ですね。

キャリアを3つ掛け合わせる」ことや「希少な存在になる11原則」の学びを、『人生戦略の学び | 不透明な未来を生き延びるために』で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

 目次に戻る。

3. 自分らしいキャリアを積む

自分らしいキャリアを積むためには、組織の歯車から外れることです。

社会が変化するスピードが速くなり私たちが働く環境が変わり、普通にスキルを積み重ねているだけでは生き残れない人材になってしまいます。

キャリアの選択において「掛け算できるプラスα」を持つことが、今後さらに重要になってきます。

1つの分野だけにこだわって努力を続けるよりも、他の分野での可能性も模索することの方が長い人生においては大切となります。

キャリアについての2つの考え方

  1. 最終的な目標を決めてそこから逆算してキャリアを積み上げていくという考え方
  2. ご縁を大切にして、その都度、自分が面白そうだと思った仕事を選択していくという考え方

組織の歯車から外れること」や「キャリアのはみ出し方」などの学びを、『自分らしく働いてキャリアを積む方法 | やりたいことの見つけ方で生き抜く力を手に入れる』で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

 目次に戻る。

4. 人生におけるキャリアアップの考え方

同じ職務を続けるだけのキャリアは通用しない時代となってきました。

今は1つのキャリアにこだわり同じ会社で20年、30年も同じ仕事をすることに意味がなくなってきています。

今日では、これまでと違うアプローチでキャリアプランを立てなければ、成功はおぼつかなくなってきています。

現実的なアプローチは、5年を1つの単位として6〜8単位のキャリアを考えるのがよいのではないでしょうか。

1つの会社に長く居続ければ、とりわけ同じ職務を続けていれば、いずれは仕事の基盤(報酬、影響力、成功)が脅かされることになるでしょう。

一つの会社でキャリア、いわゆる出世コースを進んでいきたい場合は、出世コースを事前に調べることが大切です。

あらゆる企業には、組織の最上層に通じるキャリアパスがあります。

仮に仕事の能力に問題がないのに昇進の希望が叶わないとすれば、今のポストから希望するポストへの異動は、社内キャリアパスなどの仕組みがないとなかなか叶いません。

組織に入って働き始める前に、その組織の環境とそこで働いている人について調べておくことは重要です。

成果貯金」についてや「昇進するためのスキル」などの学びを、『人生におけるキャリアアップの考え方と最強のキャリア戦略 | 1つの企業や職務に勤めるだけのキャリアは通用しない』で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

また、ビジネスマンに役に立つスキルを『知らないと損するビジネスに活かせる7つのフレームワーク | 今すぐ活用できるビジネススキル』の記事でまとめさせて頂いてますので、こちらの記事もおすすめです。

長く働くためには

この世界に正解はありませんが、正解がなくても意思決定をして、歩く道を決め、実際に歩いていかなければ生きていけません。

たくさんの意思決定をして、数多くの成功と失敗を経験して、自分自身への確信を強めていかなければなりません。

正解なき世界を生き延びる方法は、大きく分けて2つです。

  1. 少なくとも人口動向といった確実に変化する外部要因を知り押さえておくこと
  2. 正解がどうかはわからないけれど、自分はこうすべきだと思うという意思決定ができるようになること

絶対に変わらない外部要因は、長く働くことです。

人生100年時代に必要な3つの個人の力

  1. スキル
  2. 自分の価値観を持つこと
  3. セルフリーダーシップ

これからのキャリアには「その仕事で、自分の心が満たされるか?」ということが大切で、それこそ働くモチベーションの源泉となるし、厳しい状況の中でセルフリーダーシップを発揮する条件にもなります。

心が満たされる好きなことは、自分の価値観に合致していることが多いし、そこで頑張れば自分のスキルにもなります。

好きなことであれば人は頑張れて、好きなこと、得意で頑張れる仕事の方がお金をたくさん稼げる確率が高くなります。

長く働き続けるには、我慢ではなくやっていてワクワクするようなことを見つけるべきです。

意思決定」についてや「セルフリーダーシップ」などの学びを、「環境変化の激しい時代に長く働くためには必要なこと | 必要な3つの力と心を満たす仕事」で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

 目次に戻る。

5. 組織に依存しないキャリア構築

自分でキャリアを構築していく上では、「どこに就職するか」よりも「自分は何をやることで価値を創造できるのか」という観点がより重要になります。

所属組織に依存して、その組織に尽くすことで人生の後半にリターンを得ていくという既存の思考から、人の作った序列と基準の中で汲々とするのではなく自分の基準は自分で作ることが必要です。

重要になってくるのは

  • 自分の価値を高められるか
  • 共通価値を拡大し続けることができるか
  • 自分の価値をきちんと算定できるか
  • 自分の提供価値を可視化できるか

です。

自分の価値を高められるか」や「共通価値を拡大し続けるために必要なこと」などの学びを、「個人がいかに組織に依存しないキャリアを構築すべきか | 終身雇用崩壊時代、組織に依存しない方法」で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

 目次に戻る。

6. 他社でも通用するためのキャリア

求められる人材は企業の段階によって変わってきます。

思考行動特性で、人材が能力を発揮できる会社のステージが変わってきます。

思考行動特性

  • What構築能力(問題点の発見や解決手法を考え出す創造的な思考力)
  • How能力(既存の体制や構築された流れをそつなくこなす力)

人材が能力を発揮できる会社のステージ

  • 創業拡大期=What構築能力
  • 安定期=How能力
  • 最上志向期=How能力+What構築能力
  • 衰退・変革期=What構築能力

働き方のOSが合致するか」や「求められる人材」などの学びを、「他社でも評価される条件と通用するためのキャリア | 転職するために必要なこと」で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

 目次に戻る。

7. 退職後に働き続けるために

人生100年の時代には舞台がいくつもあります。

長く働くためには、企業がシニア社員に求めるものを見てみるとどのようなキャリアが求められるのか理解できます。

シニア社員に求めるもの

  • シニア採用のメリットとして、最も評価されたのは経験やスキルを活かし、多業務をこなしてくれる・専門業務に対応してくれるで即戦力
  • 最近は特に専門性と高い経験値・課題解決能力を持ったシニア人材が求められるが、専門性が見えにくいのがホワイトカラー

シニア自身が多種多様な能力を持っていることをアピールすれば、新たな仕事や職場の可能性が広がります。

経験や能力は別の会社や別のやり方で生かせる場合もあります。

常にアンテナを張っておきチャンスがあれば動くことで、新しくて豊かな人生を手に入れることができます。

「悩む時間を持つ」ことについてや「シニア社員に求めるもの」などの学びを、「退職後に働き続けるための基本的な考え方 | 生きがいとなる仕事を見つける姿勢が重要」で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

 目次に戻る。

この記事のまとめ

社会人が陥る自分のキャリアの不安を解決する考え方のまとめ

今回は、社会人が陥るキャリアの不安を解決する考え方について書かせて頂きましたが、時代の変化と共に、ひとところで長くいてキャリアを築いていくよりは、数年を一つのフレームとして、キャリアアップできるように自分自身が動いていく時代と変化してきているようです。

キャリアもスキルも3つ掛け合わせて、希少価値の高い人間になることが求められます。

ただし、一つの会社でキャリアを築ずこうとすると、組織の環境とそこで働いている人について調べて、出世コースを事前に調べることが大切です。

長く働くためには、スキル・自分の価値観を持つこと・セルフリーダーシップの3つの個人の力が重要になるので、複数の学びと学びの継続で自分を高めていくことが大切ですね、

学びがなぜ重要になるのか、社会人に学びが必要な具体的理由の記事を『社会人に学びが必要な具体的理由 | 将来不安を解決するのは学び時間を自己投資』で深堀りしていますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

今回も、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

このブログ「kajōgaki | 社会人の学びのNote」は、基本的な記事については、忙しい日々でも、1日5分以内で読めるように、1記事を2,000文字から3,000文字以下に抑えてまとめ、5分程度で読めるボリュームの箇条書きでのまとめた社会人としての学びNoteをコンセプトに、ほぼ毎日、出来る限り学びのアプトプット記事を更新しております。

朝の時間には、自己啓発のアウトプットの時間として、ほぼ毎日、Twitter、Instagramなどに学びの要点を投稿しています。

TwitterInstagramPinterestFacebookのアカウントがある方は、フォローを宜しくお願い致します。

kajōgakiのSNS

随時、新しい学びのアウトプット記事を更新してますので、是非、はてなブロガー様は読者登録その他の方お気に入りやブックマークなどをお願い致します。

三日坊主でも継続

昨日より今日の自分が0.1%何かで向上したとすれば
三日坊主で1年で300日学んだとしても
1年間1.3倍の成長
10年間10倍の成長
20年間100倍の成長
30年間1000倍の成長

TOP