kajōgaki | 社会人の学びのNote

1日5分で学べる箇条書きに拘ったビジネス知識・スキルの自己啓発ノート

心理学的に正しい目標達成の方法 | 証明済みの多くの心理学者たちの数々の実験と研究成果

心理学的に正しい目標達成の方法、証明済みの多くの心理学者たちの数々の実験と研究成果

心理学的に正しい目標達成の方法

多くの心理学者たちの数々の実験と、著者自身の研究成果によって証明済みの「心理学的に正しい目標達成の方法」を「やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学」著者:ハイディ・グラント・ハルバーソン 氏から学ぶことができます。

次のような方に向けて書きました

● 心理学的に正しい目標達成の方法を知りたい方
● if-then プランニングを知りたい方
● やり抜く人の9つの習慣を学びたい方

やり抜く人の9つの習慣

① 目標に具体性を与える

  • 目標は具体的にすること
  • 例えば「やせたい」と思うのならば、目標は「やせる」ではなく「5kgやせる」とするべき
  • 自分が望んでいるものは何かをはっきりとわかっている人は、そこに到達するまでやり抜くことができる
  • 具体的な目標を決めたら、そのために必要な行動は何かを具体的にすることも大切
  • いつまでに、何をするのかを決める
  • まずは、具体的かつ詳細に、自分が達成したいことを考え抜くことが大事

② 目標達成への行動計画をつくる

  • 目標達成のためにやるべき行動を着実に実行するためには「いつ何をやるか」をあらかじめ予定に入れておくべき
  • 何をするべきかが明確であれば、脳はそれをする機会を逃さず、行動に移すことができる
  • やるべきことが多すぎて、何から手をつければいいかわからない時には「if-thenプランニング」という方法を使う
  • 事前に、いつ、何をやるかを、はっきりと決めておくことで、実行できる確率は2〜3倍も高くなる

if-then プランニング

  • XしたらYすると決めておく
  • <if>Xしたら<then>Yするという形で計画する

例:夜9時になったら、部屋の机に座ってブログを書く
例:夜シャワーを終えたら、椅子に座って本を手に取る

③ 目標までの距離を意識する

  • 目標を達成するためには、どれだけ進歩したかをモニタリングすることが欠かせない
  • 日々、どれだけ進歩したのかを確認する必要がある
  • 目標までの距離が把握できないなら、今の自分とのギャップを意識することはできない
  • その結果、やる気が出ない、集中できないといった状況になってしまう
  • 目標に向かって行動する時には、できるだけ多くフィードバックを得ることが大切
  • フィードバックによって、向上しているのかがはっきりする

④ 現実的楽観者になる

  • 望むことは簡単にできる、欲しいものは簡単に手に入ると考えると失敗の確率が高まるという研究がある
  • そう考えたせいで油断してしまい、必要な準備を怠ってしまうから
  • ポジティブに目標は達成できると信じるのは大切
  • しかし、目標は簡単に達成できると考えてはいけない
  • 成功するのは大変だと思っている人は、最善の努力をしなければならないと考えるので、大きな成功をつかむことができる

⑤ 成長することに集中する

  • どんな分野の能力でも、一般に思われているより、ずっと柔軟性がある
  • つまり、能力は努力次第で伸ばせる
  • 今できなくても、できるようになると信じることが大切
  • 目標を設定する時には、今、何ができるのかではなく、これから、何ができるようになりたいかを考えること

⑥ やり抜く力を持つ

成功に必要なこと

  1. 努力すること
  2. 正しい戦略を立てること
  3. 詳細なプランを立てること
  4. そして成功をつかむまで諦めないこと
  • これらは決して生まれつきの資質ではない
  • 能力は経験や努力を重ねることで高めることができる
  • そのためには、グリット(やり抜く力)が不可欠
  • 成功は自分の頑張り次第と信じることで、グリットを発揮することができる

⑦ 筋肉を鍛えるように意志力を鍛える

  • 意志力を定期的に正しい方法で使えば、少しずつ強くすることができる
  • 意志力を強くするためには、これまでにやったことのない、気の進まないことを、自らの意志でやってみること
  • 大きな挑戦である必要はない
  • とにかく取り組む価値があると思うことを続けること

⑧ 自分を追い込まない

  • どれほど意志力が強いとしても限界はある
  • 2つの困難な目標に、同時に取り組むのは避けるべきである
  • どんな目標であっても、できるだけ簡単な方法を見つけるように努める

⑨ やめるべきことよりやるべきことに集中する

  • ある思考をしないように努力すると、逆に頭の中はその思考でいっぱいになる
  • 行動を変えたいなら、やめたいことを考えるのではなくやりたいこと、やるべきことを考えることが大切

今回は、心理学的に正しい目標達成の方法を学ばせて頂きましたが、自分の目標を達成して成功するための方法をまとめた記事を「自分の目標を達成して成功するための7つの方法 | 会社員の自律的な学びの継続にも役立つ」で書かせて頂きましたので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

やり抜く力 - グリット(GRIT)の他の記事のご紹介です。

kajogaki.com

kajogaki.com

kajogaki.com

この記事のまとめ

● 目標は具体的にして、いつまでに、何をするのかを決める
● 今、何ができるのかではなく、これから、何ができるようになりたいか
● やめたいことを考えるのではなくやりたいこと、やるべきことを考える

今回学んだ本

Amazonで確認

楽天市場で確認

興味のある方は、是非この本を手に取り、じっくりと読んで自分に取り入れて頂けたらと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

三日坊主でも継続

昨日より今日の自分が0.1%何かで向上したとすれば
三日坊主で1年で300日学んだとしても
1年間1.3倍の成長
10年間10倍の成長
20年間100倍の成長
30年間1000倍の成長

TOP