kajōgaki | 社会人の学びのNote

1日5分で学べる箇条書きに拘ったビジネス知識・スキルの自己啓発ノート

生きていく上で本当に大切な5つの問い | ハーバード大学教育大学院長の教え

生きていく上で本当に大切な5つの問い、ハーバード大学教育大学院長の教え

成功を導く5つの質問

ハーバード大学教育大学院長の多くの生徒たちにしてきたスピーチをから、生きていく上で本当に大切な5つの「問い」を『Wait, What?(ウェイト、ホワット?)ハーバード発、成功を導く「5つの質問」 』著者:ジェイムズ・E・ライアン 氏から学ぶことができます。

次のような方に向けて書きました

● 良い質問をする能力を磨きたい方
● 生きていく上で本当に大切な問いを知りたい方
● 人生をより実り多いものにしたい方

正しい問いが人生を豊かにする

  • 人は正しい答えを出すことに腐心しながら一生を過ごしている
  • 単純な事実だが、答えの質は、質問の質を超えられない
  • 適切でない問いには、適切でない答えしか返ってこない
  • どのような仕事でも、成功するには良い質問をする能力が不可欠
  • 生きていく上で本当に大切な問いは5つしかない
POINT

自身にも人にも、5つの問いかけをする習慣が身につけば、人生はより楽しく、より実り多いものになる

成功を導く5つの問い

① Wait, What ?

(待って、何それ?)

  • この問いは、相手の発言内容をより明確にするのに有効
  • 対象を明確にすることは、それを真に理解するための第一歩
  • 皆わかってもいないのにわかったつもりにる
  • 立ち止まってみることを忘れがち
  • それによって、アイデアや意見を知るチャンスを失ってしまう
  • それによって、提案の本来の価値を知るチャンスを失ってしまう
  • 「待って、何それ?」は、そうしたチャンスを捉えさせてくれる

② I Wonder…?

(どうして〜なんだろう?)

  • これを忘れずにいれば、好奇心や探究心を失わずにすむ
  • 「どうして〜なんだろう?」と疑問を抱いたら「もしかしたら〜ではないか?」と問わずにはいられなくなる
  • この問いは、周りとのつながりを生む
  • 新たな何かに向かうための原動力にもなる

③ Couldn’t We at Least…?

(少なくとも〜はできるんじゃないか?)

  • この問いは、膠着状態を脱するのに一役買ってくれる問い
  • どのような状況であれ、「少なくとも〜はできるのではないか?」と問いかけてみれば、事態は前へ進むものである
  • 完全な合意は無理でも、妥協点を模索することを可能にしてくれる
POINT

合意を目指したい話し合いが紛糾した時、「少なくとも折り合いをつけることはできるのでは?」と問う

④ How Can I Help You?

(何かできることはある?)

  • 問題解決のためのアドバイスをしてあげましょうと言っているのではない
  • その人が困っているのはわかっている、必要ならば力になると表明している
  • あなたのことを一番わかっているのはあなた
  • だからたとえ私が手を貸したとしても、仕切るのはあなた
  • そんな気持ちを相手に伝えている
  • 理解と共感の両方を伝えている
  • 人が必要としているのはこの2つだけである場合も多い
POINT

言い換えれば、「何かできることはある?」と問うた時点で、すでにその人の力になっている

⑤ What Truly Matters?

(何が本当に大事?)

  • 論点の核を、さらにはあなた自身の考えや信念や目標を明確にしてくれる
  • この問いかけをすれば、大事な事柄とそうではない事柄を選別できる
  • 些末なことに惑わされずにゴールへ行き着ける
  • 本当に大事なのは何かという問いかけは、学校や職場でも役に立つ
POINT

気を散らしたり脱線したり枝葉にこだわったりすることなく、達成すべき課題に集中できるようになる

究極の問い

POINT

「それでもやはり、きみはこの人生で望むものを手に入れたか?」 この究極の問いに「イエス」と答えられるようになる保証はない

  • しかし、そこへ行き着くために5つの問いは大きな力を貸してくれる

この記事では、成功を導く5つの質問ついて学んできましたが、人生を成功させるために必要な能力の伸ばす方法については、「人生を成功させるために必要な能力の伸ばす方法 | 成功者の共通点は、才能ではなくグリット」の記事で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

また、自分の目標を達成して成功するための方法をまとめた記事を「自分の目標を達成して成功するための7つの方法 | 会社員の自律的な学びの継続にも役立つ」で書かせて頂きましたので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

この記事のまとめ

● 適切でない問いには、適切でない答えしか返ってこない
● どのような仕事でも、成功するには良い質問をする能力が不可欠
● 5つの問いかけをする習慣が身につけば、人生はより楽しく、より実り多いものになる

今回学んだ本

Amazonで確認

楽天市場で確認

興味のある方は、是非この本を手に取り、じっくりと読んで自分に取り入れて頂けたらと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

三日坊主でも継続

昨日より今日の自分が0.1%何かで向上したとすれば
三日坊主で1年で300日学んだとしても
1年間1.3倍の成長
10年間10倍の成長
20年間100倍の成長
30年間1000倍の成長

TOP