kajōgaki | 社会人の学びのNote

1日5分で学べる箇条書きに拘ったビジネス知識・スキルの自己啓発ノート

スケールフリーネットワークを構築しビジネスをDXしていく方法 | 実際のビジネスに活かす視点

スケールフリーネットワークを構築しビジネスをDXしていく方法、実際のビジネスに活かす視点

ビジネスを爆発的に成長させるネットワーク理論

スケールフリーネットワークのネットワーク理論を実際のビジネスに活かす視点や、スケールフリーネットワークの構造を産業の中で構築し、ビジネスをDXしていくかを「スケールフリーネットワーク ものづくり日本だからできるDX」著者:尾原 和啓・島田 太郎 氏から学ぶことができます。

次のような方に向けて書きました

● スケールフリーネットワークを知りたい方
● ネットワーク理論を実際のビジネスに活かし方を知りたい方
● スケールフリーネットワークでビジネスをDXする方法を知りたい方

スケールフリーネットワークとは

  • DXを起こすためには、DXが起きる場を布置していくことが重要
  • そのためには、スケールフリー(尺度がない)ネットワークが必要
スケールフリーネットワーク

大多数のノードがごくわずかなリンクしか持たない一方で、膨大なリンクを持つハブと呼ばれるノードが存在するネットワーク構造

  • これは航空網の構造に似ている
  • 大部分の空港は数少ない路線しか持たない
  • 一方で、膨大な路線が発着するハブ空港が存在する

スケールフリーネットワークの特徴

  • ランダムネットワークと比べるとよくわかる

ランダムネットワークのグラフ

  • 各構成要素のつながりの数は一定の範囲に収まる
  • グラフにすると「釣り鐘型」の分布になる

スケールフリーネットワークのグラフ

  • 大部分のノードが少数のリンクしか持たない
  • 一方で、ごく一部のノードに膨大なリンクが集中するべき乗則
POINT

スケールフリーネットワークは各ノード間に極端な「格差」が存在する不平等な世界

  • この構造は、人間関係やインターネットに見られる
  • 自然界にも幅広く存在する

イノベーションを生む

  • スケールフリーネットワークがイノベーションを生む

スケールフリーネットワーク上

  • 一部のハブが膨大なリンクを持ち、強大な力を発揮する
  • 逆に言うと、少数のリンクしか持たないノードが無数に存在する
  • この多様性が大きな強みとなる

スケールフリーネットワークが持つ多様性

  • イノベーションを生む土壌になる
  • 新たなアイデアは、一見まったく関係ないように見える
  • 別々の要素の組み合わせによって生まれてくる
  • 互いに関係のない要素同士が偶然つながる
  • まったく新しい切り口が生まれる可能性がある
  • パーコレーション(浸透)という現象が起こりやすく急速に広がりやすい
POINT

つまり、新しいアイデアが生まれて、それが多くの人にとって魅力的であれば、ごく短期間でネットワークの大部分に広がる

次の産業の世界

  • 次は産業の世界がスケールフリーネットワーク化する

GAFAが大きく成長できた背景

  • スケールフリーネットワークの力が働いている
  • 可視化してスケールフリーネットワーク化した
  • グーグルはウェブサイトのリンク構造を可視化
  • フェイスブックは人のつながりを可視化
  • はじめから収益化を考えたビジネスモデルを構築するのではない
  • まずはネットワークを育てることに注力した
  • 彼らが特別だったのは、ネットワークのスケールフリー性を加速する仕組みが最初から組み込まれていたこと
  • 利用する人たちが、自然とハブを形成する
  • スケールフリーネットワークの成長を促進する振る舞いをするような構造

インダストリー4.0

現在進行形のスケールフリーネットワークの例には、ドイツが進めるインダストリー4.0がある

  • 工場のあらゆる装置をインターネットにつなぐ
  • スマート工場を作ろうという試み
  • ドイツ政府が主導し、産官学一体となって進めている
  • 製造業をスケールフリーネットワーク化しようという試み

インダストリー4.0の世界になると

  • 生産システムのあらゆるコンポーネントが階層の垣根を超えてつながる
  • 必要な時に必要な機械やセンサーの情報を自由に取れるようになる
  • 1つの工場内だけでなくインターネットを介してつながれるようになる
  • 他社の生産設備ともインターネットを介してつながれるようになる

この世界を実現するために定義されたのが管理シェル

  • 生産システムに関わるすべてのモノをインダストリー4.0の世界につなぐ
  • インターフェースになる標準化されたデータ形式
  • インダストリー4.0の核心部分と言える
  • ドイツは、この管理シェルを無償で公開し、世界中にばらまいた
  • これを世界中の工場が採用すれば、自然と産業のスケールネットワークができあがる

スケールフリーネットワークの作り方

  • 製品にかかわる技術をできるだけオープン化する
  • 他社の製品やサービスが自由に接続できるようにする
  • ユーザーが自分のニーズに合わせて自発的に様々な製品をつなぎ始める
  • ネットワークが育ち始める

このネットワークが育った時にスケールフリーネットワークが生まれる

POINT

多大なコストも時間もかけずにスケールフリーネットワークを作る強力な手段となる

  • 自社製品の一部アセットを先に開放する
  • あるいは仕様を公開してする
  • 誰でも接続可能にする
POINT

オープン化戦略を採る上では、「どこまで手元に残し、何を公開するのか」を慎重に検討する必要がある

今回は、スケールフリーネットワークを構築しビジネスをDXしていく方法を学ばせて頂きましたが、DX(デジタルトランスフォーメーション)の悩み解決する7つの考え方を「DX(デジタルトランスフォーメーション)の悩み解決する7つの考え方 | DXはなぜ必要なのか」の記事でまとめています。

ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

この記事のまとめ

● スケールフリーネットワークがイノベーションを生む
● 次は産業の世界がスケールフリーネットワーク化する
● 製品にかかわる技術をできるだけオープンする

今回学んだ本

Amazonで確認

楽天市場で確認

興味のある方は、是非この本を手に取り、じっくりと読んで自分に取り入れて頂けたらと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

三日坊主でも継続

昨日より今日の自分が0.1%何かで向上したとすれば
三日坊主で1年で300日学んだとしても
1年間1.3倍の成長
10年間10倍の成長
20年間100倍の成長
30年間1000倍の成長

 

TOP