kajōgaki | 社会人の学びのNote

1日5分で学べる箇条書きに拘ったビジネス知識・スキルの自己啓発ノート

取り組みが進んでいないと言われるDXの具体的なヒント | 日本のDXの具体的な事例

取り組みが進んでいないと言われるDXの具体的なヒント、日本のDXの具体的な事例

日本のDXの具体的な事例

ほとんどの企業で取り組みが進んでいないと言われるDXは、どのように進めればいいのか、その具体的なヒントを「ルポ 日本のDX最前線」著者:酒井 真弓 氏から学ぶことができます。

次のような方に向けて書きました

● DXの進め方を知りたい方
● ビジネスモデルの創出について知りたい方
● DXの事例を知りたい方

経営者のマインドの問題

2018年に経産省が発表した「DXレポート

  • 2018〜2022年の日本のIT産業の成長率は、わずか1.1%の見込みに留まる
  • 成長のためのIT投資ができていないということ

DXレポートのメッセージ

攻めのIT投資の足かせとなっているレガシーシステムを刷新し、DXを進めることで日本企業の競争力を高めていこう

POINT

重要なのは、デジタルを前提として企業文化や仕事のやり方を変え、新たなビジネスモデルを創出し、競争優位性を高めること

  • 日本企業は、一度作ったものを長く大事に使う傾向がある
  • 例えば製造業では、一度製造装置を導入したら、改善に改善を重ねて生産性を高めることで製品1個あたりの単価を抑えてきた
  • これが競争力となり、ものづくり大国日本は形作られた
  • ITの世界はそうはいかなず、古いシステムを使い続けることは美徳でも何でもない
  • 2025年には21年以上稼働する老朽化したシステムが6割以上を占めることになる
  • 2025年以降、これらをメンテナンスしているIT担当者が一斉に定年を迎える
  • 古びたシステムはサポート終了を迎えベンダーの保守も受けられなくなる

IPA(情報処理推進機構)が行った「DX推進指標を用いた自己診断」の結果

  • 回答した約500社の内9割以上の企業がDXに未着手か、散発的な取り組みに留まっていることが明らかになった

ビジネスモデルを創出

経営者たちはなぜ、デジタルを使って新たなビジネスモデルを創出することに消極的なのか

DXレポートを執筆した経済産業省商務情報政策局の和泉憲明

  • 改善が過去に世界に誇れる成果を出してきた
  • だからこそ囚われすぎているのではないかと分析
  • 我が国は、何かを改善し、少しでもよくなったら成長した気分になる
  • そのことを繰り返している
POINT

それなりに順調なのに、既存顧客に対して決別を意味するような施策をわざわざする必要があるのかというのが本音

変革へ舵

「既存顧客が離れたらどうする」

「混乱したらどう責任を取るんだ」

こう言われてまで変革に舵を切れる経営者はどれぐらいいるだろうか

POINT

本当の足かせは、レガシーシステムという技術負債を是とする企業文化やマインド

  • DXには経営層のコミットメントが不可欠
  • 経営層がIT知識のなさを馬鹿にされたくない一心で関わることを避ける
  • それがまかり通っているケースも見られる
  • 経営層に最低限必要なのは、エンドユーザーの普通の感覚

DXを実践、推進している組織の事例

コープさっぽろ

  • 2020年3月、システム開発の内製化に舵を切る
  • 新たに30人のエンジニアを採用すると発表
  • この時点で、組織内にエンジニアは1人もいなかった
  • 重要なのは、ベンダーやシステムインテグレーターへの丸投げ体質を改善し、主導権を発揮すること
  • 現在、コープさっぽろのエンジニアたちが取り組んでいるプロジェクトの1つが、組合員向けサービスのデジタル化

サービスのデジタル化

  1. 店舗と宅配の融合
    店舗で買い物をする人たちは、生鮮食品は持ち帰り、重い物はスマホでスキャンして宅配で届くスタイルを提供する
  2. CtoCサービスの提供
    コープさっぽろの店舗と物流プラットフォーム上で186万人の組合員が直接取引し合うという構想
    店内にある「ご近所やさい」のコーナーは、出品する農家が自らの価格を決めて、売上の8割が農家の収入になる
  3. ドライブスルー化
    冬場は駐車場や店舗の入り口が凍結し、数m歩くのも危険が伴う
    車から降りず、スムーズに商品を受け取れる仕組みを整備していく

トライアル

  • 早い段階からAI、ビッグデータを駆使
  • 店舗運営の省力化、効率化を図っている
  • システム開発を内製化
  • そのノウハウをスーパーマーケットの運営に応用
  • 同社は、国内に約100名、中国に約450名のエンジニアを擁する
  • 売り場の欠品や顧客行動を可視化するAIカメラを開発
  • セルフレジ機能付きスマートショッピングカートを開発
  • 他社への販売も積極的に行なっている
  • トライアルが定義するカスタマーサクセスとは、売り場を舞台とした「メーカーと消費者のマッチング」
  • テクノロジーによって省力化、効率化を進める
  • 同時に、グループ内に物流機能や商品開発・製造機能を持つ
  • 構造的なローコストを追求し、それが価格に反映される
  • AIカメラなどによって、購買データを蓄積・可視化
  • メーカーと協力して、購入率の高い顧客への販促を提供

今回は、取り組みが進んでいないと言われるDXの具体的なヒントを学ばせて頂きましたが、DX(デジタルトランスフォーメーション)の悩み解決する7つの考え方を「DX(デジタルトランスフォーメーション)の悩み解決する7つの考え方 | DXはなぜ必要なのか」の記事でまとめています。

ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

この記事のまとめ

● 成長のためのIT投資ができていない
● 日本企業は、一度作ったものを長く大事に使う傾向がある
● 成長した気分になるということを繰り返している

今回学んだ本

Amazonで確認

楽天市場で確認

興味のある方は、是非この本を手に取り、じっくりと読んで自分に取り入れて頂けたらと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

三日坊主でも継続

昨日より今日の自分が0.1%何かで向上したとすれば
三日坊主で1年で300日学んだとしても
1年間1.3倍の成長
10年間10倍の成長
20年間100倍の成長
30年間1000倍の成長

TOP