kajōgaki | 社会人の学びのNote

1日5分で学べる箇条書きに拘ったビジネス知識・スキルの自己啓発ノート

得意なコミュニケーションパターンで成果を出す仕事術 | コミュ力なんていらない

得意なコミュニケーションパターンで成果を出す仕事術、コミュ力なんていらない

コミュニケーションが苦手でも仕事で成果を出す方法

コミュニケーションが苦手と悩む人が多い中、そもそもコミュニケーション力とは何かについて掘り下げて解説し、得意なコミュニケーションパターンで成果を出すことが大切だと説き、どのように仕事で成果をあげてきたのかが「コミュ力なんていらない 人間関係がラクになる空気を読まない仕事術」著者:石倉 秀明 氏から学ぶことができます。

次のような方に向けて書きました

● コミュニケーションが苦手な方
● コミュニケーションのパターンを知りたい方
● コミュ力不足が仕事の成果を落としている思っている方

コミュニケーション力が高い

  • コミュニケーション力が高いから仕事ができるわけではない
  • コミュ力の高さと仕事の成果は、一見すると相関関係にあるように思われるが実は何も関係ない
  • コミュニケーションができる・できないと仕事ができる・できないは切り分けて考えるべき
  • 自分にはコミュ力がないと悩んでいる人は多い
  • その思考の背景には人間関係が構築できて、それがあると仕事になるという幻想がありそれに囚われている
  • 人間関係ができたから仕事も一緒にできるのではなく、一度仕事をしそれがきちんと成立したから人間関係が構築できるのが正しい順序
  • 飲み会で楽しかったり雑談が上手な人だとしても仕事の成果を出せない人に大事な仕事を任せたいとは思わない
  • 人脈は一緒に仕事をして相手に満足してもらった後に、結果としてつくられるものであってつくるものではない

自分の得意なパターン

  • 自分の得意なコミュニケーションのパターンを見つける
  • コミュ力は、以下のように複雑で多様な要素で成立している
  1. 種類:目的完遂型ー関係構築型
  2. 手法:話すー聞く
  3. 対応:察するー空気に合わせられるー仲良くなる
  4. 人数:1対1ーグループー大人数
  5. ツール:対面(リアル)ー非対面(オンラインの会話、テキスト)
  • コミュニケーションには相手の言うことを理解し、かつ自分の言いたいことを伝えるための目的完遂型と、相手と仲良くなったり初対面でもその場をとり持たせるための関係構築型の2つがある
  • 目的完遂型と関係構築型で、対面と非対面・音声とテキスト・1対1と複数などのパターンで得意か不得意かが分かれていく
  • これらをすべて自分に当てはめて、どんなパターンならストレスがないかを確認すること
  • どの手法で人とコミュニケーションを図るのがいいのかが見えてくる
  • 自身のコミュニケーションタイプが判明したら、そのタイプが活かせる仕事の方法を考える
  • コミュニケーションといっても、色々な能力があるし色々な場面で得意や不得意が分かれる
  • 大事なのは、コミュ力が高いか低いかではなく、自分が得意なパターンでコミュニケーションを取るようにすること
  • できるだけ苦手なパターンを避けることである
  • すべての場面で自分の得意なコミュニケーション方法だけで仕事ができるわけではないが、苦手は克服しなくても工夫次第で仕事で成果を出すことはできる

得意なパターンで勝負

  • 元々コミュ力が備わっていない人間が努力をしてもコミュ力の高い人には敵わない
  • コミュ力がないなりの戦いをすればいい
  • 苦手だからこそ考える余地が生まれる
  • 自分が得意なパターンで勝負すること
  • 自分の長所を活かす勝ち方は誰にでもできる
  • 問題は長所をどのように活かすかである
  • 仕事に求められるコミュ力で、仕事の成果に直結するものは次の2つだけである。
  1. 相手の言っていることを正しく理解できる
  2. こちらの伝えたいことをわかりやすく伝えられる
  • これらは後天的に鍛えられる能力である
  • 準備さえしておけばカバーすることができる
  • ところが、コミュ力がない人ほど、会話が続かないから理解できたふりをしてしまう傾向が強い
  • 理解できないのなら相手の方から具体的な話を喋ってもらう必要がある
  • 相手に話してもらうには、「具体的には、どういうことですか?」と聞くと、大抵の場合具体的な話が出てくるのでこちらも理解が深まりイメージをより明確にできる

今回は、得意なコミュニケーションパターンで成果を出す仕事術を学ばせて頂きましたが、コミュニケーション能力を高める方法を「コミュニケーション能力を高める7つの考え方 | 役に立つ学んだことや必要なこと」の記事でまとめています。 ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

オンライン学習で学習する方法

オンライン学習でのスキルアップなら「BizLearn」がおすすめです。

学習方法

  • ビジネススキルの講座内に「チームが活性化するコミュニケーション」があります。
  • 学習方法は、進捗度合いが「%」で表示されるため、学習の組み立てに役立ちインプット(レッスン)・アウトプット(確認テスト)を繰り返すことで、理解を定着させていきます。
  • 6ヵ月の受講期間を終えたあとも、6ヵ月の閲覧期間があるので、忙しい方でも自分のペースで学習ができます。

BizLearnの公式サイトはこちらから

BizLearn公式サイト

この記事のまとめ

● コミュニケーション力が高いから仕事ができるわけではない
● どんなパターンならストレスがないかを確認
● 自分が得意なパターンでコミュニケーションを取るようにする

今回学んだ本

Amazonで確認

楽天市場で確認

興味のある方は、是非この本を手に取り、じっくりと読んで自分に取り入れて頂けたらと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

三日坊主でも継続

昨日より今日の自分が0.1%何かで向上したとすれば
三日坊主で1年で300日学んだとしても
1年間1.3倍の成長
10年間10倍の成長
20年間100倍の成長
30年間1000倍の成長

TOP