kajōgaki | 社会人の学びのNote

1日5分で学べる箇条書きに拘ったビジネス知識・スキルの自己啓発ノート

間違った生産性向上 | 残業を減らして同じ内容の仕事より仕事の内容で労働を判断

間違った生産性向上、残業を減らして同じ内容の仕事より仕事の内容で労働を判断

日本人の労働生産性は本当に低いのか

必ずしも幸福の指標となり得ないGDP成長のため、政府や経営者の論理で「生産性向上」を唱えるのはやめるべきだとし日本人の労働観を振り返りながらこれからの働き方において大切なことを「勤勉な国の悲しい生産性 なぜ経営の正義としてまかり通るのか」著者:ルディー 和子 氏から学ぶことができます。

次のような方に向けて書きました

● 間違った生産性向上を知りたい方
● 生産性向上の意味を考えたい方
● 生産性向上に疑問を持っている方

なぜ労働生産性が低いのか

  • 日本人の労働生産性が低いのは、これまで経営者がIT設備投資や従業員の再教育を怠り、コストの安い非正規社員などの活用によって不況を乗り切ろうとしてきた経営者の側に責任がある
  • 労働生産性が低いことについて勤勉性を関連づける意見をよく耳にする
  • 労働者の勤勉性に生産性の低い要因を見つけようとするから勤務時間を減らせば生産性は上がるはずという短絡的な考え方になる
  • 残業を減らして同じ内容の仕事をしろってことかという不満が従業員から出てくる
  • 生産性はどの産業が国の中核になっているかによっても異なる
  • 日本ではサービス産業がGDPの7割を占めるが、その内訳は生産性の低い卸売・小売業や宿泊・飲食といったサービス業の割合が多い
  • 日本の生産性を上げるために生産性の高い成長産業に労働を移動すればよいという主張がある
  • 世界の大手企業の多くがそれまでの中核産業を捨てICT産業や金融サービス業といった生産性の高い産業へと選択と集中を進めておりそういった市場での競争は激しくグローバル競争では勝てないだろう
  • 多種多様な商品が市場にあふれ供給過多になっている今、自分は豊かな生活をしていると消費者に実感させてくれるのはサービス業
  • GDPの成長を願うのは国が金持ちになってもらいたいわけではなく国民が健康や幸福を享受できる国にしたいから
  • 生産性が高い産業に労働力を移行させればよいなどというのは単なる机上の空論

日本企業のIT化

  • 日本のサービス業やオフィスワークの生産性はITを導入すれば一定程度上がる
  • 日本企業はIT化に投資をする代わりにコスト安の非正規社員の雇用を増やすことで、また、正規社員にルーティンワークをさせることでバブル崩壊後の経済停滞を乗り切ろうとした
  • 過去20年間で日本の賃金は9%減少している、先進国で唯一のマイナス国
  • 英国は87%、米国は76%、フランスは66%、ドイツは55%も上昇
  • 賃金が上がっていない一方で物価も上がっていないのでバランスは取れていると思うかもしれないが、20年近くも賃金が上がらないのでは元気もやる気も起こらない
  • どの調査会社が調べても日本の従業員のエンゲージメント率は国際的に見ても低い

生産性向上はやめるべき

  • GDPの成長を追いかけるための生産性向上はやめるべき
  • GDPが高いことはよいことだという観点から持続的な経済成長は最重要目標であると考えられてきた
  • GDPを絶対視することへの違和感が生まれてきた原因の1つはGDPの成長が国民の暮らしと直結しなくなったこと
  • 米国においては2000年から1人当たりのGDP数値は上昇しているが世帯当たり所得の中央値は減少している
  • GDPが成長したとしても国民全体がその恩恵を受けない理由の1つは格差の問題
  • 経済が成長しても今の社会・経済システムではその結果を享受するのは一部の国民であることがどの先進国においても明らかになっている
  • 富める者が富めば、貧しい者にも自然に富がしたたり落ちるとする経済理論はその正しさが実証されていない
  • OECDやヨーロッパの指導者たちは現在のGDPは21世紀の社会のウェルビーイング(健康で幸福な状態)を体現していないし、GDPの数値を使うことによって経済成長のみを追求する政策に偏ってしまっていることを憂慮すべきことだとしている
  • 今のGDPはモノの生産量の指標を表しているだけで人々の健康で幸福な状態の指標にならない
  • 政府や経済界が生産性向上を必死になって訴えるのは結局はGDPの成長を維持したいから
  • 従業員に対して「生産性が低い」とか「生産性向上!」と言うのはやめるべき
  • 今、必要なのは数値で労働を考えるのではなく質や内容で労働を判断すること

今回は、間違った生産性向上を学ばせて頂きましたが、ビジネスにおける生産性を向上させる7つの方法を記事でまとめています。

ビジネスにおける生産性を向上させる7つの方法の記事を「ビジネスにおける生産性を向上させる7つの方法 | 個人でできる取り組みと考え方」で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

また、手法ではなくツールを利用してビジネスにおける生産性を向上させる方法も記事でまとめています。

生産性向上の業務効率化ツール人気10選の記事を「生産性向上の業務効率化ツール人気10選|導入実績が豊富な業務効率化ツールの特徴や機能」で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

この記事のまとめ

● 勤務時間を減らせば生産性は上がるはずは短絡的な考え方
● 生産性が高い産業に労働力を移行させればよいは単なる机上の空論
● 質や内容で労働を判断する

今回学んだ本

Amazonで確認

楽天市場で確認

興味のある方は、是非この本を手に取り、じっくりと読んで自分に取り入れて頂けたらと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

三日坊主でも継続

昨日より今日の自分が0.1%何かで向上したとすれば
三日坊主で1年で300日学んだとしても
1年間1.3倍の成長
10年間10倍の成長
20年間100倍の成長
30年間1000倍の成長

TOP