平凡な社会人の学びのNote | 自己啓発

kajōgaki | 社会人の学びのNote

1日5分で学びの時間に使える箇条書きに拘った凡人社会人の自己啓発ノート

【厳選10選】自己啓発とマインドを学ぶために読むべき2021年おすすめの本

【厳選10選】自己啓発とマインドを学ぶために読むべき2021年おすすめの本

自己啓発とマインドを学ぶためにお勧めの本

人間は生まれながら、少なからず「収入」「地位」「運」など不平等な部分が存在しますが、唯一、平等なのはどんな人にも与えられている「時間」の資産です。
これからの日本の未来を学び思考した時に、その限られた「時間」をどのように過ごすかで、今後の貴方の人生は大きく変わっていくでしょう。

毎日、ダラダラをお酒を飲みテレビを観て過ごしていくのか、1日の間で自分の向上のために時間を使っていくのか。

昨日の自分より今日の自分を1%向上させると、1年間で30%、10年間で10倍、20年間で100倍、30年間で1,000倍、40年間で10,000倍に自分が向上していきます。

三日坊主でも継続

昨日より今日の自分が0.1%何かで向上したとすれば
三日坊主で1年で300日学んだとしても
● 1年間で1.3倍の成長
● 10年間で10倍の成長
● 20年間で100倍の成長
● 30年間で1000倍の成長

はてなブロガー様は是非、読者登録をお願いします。

なぜ星付きシェフの僕がサイゼリヤでバイトするのか?

著者:村山 太一 氏

イタリアの三ツ星レストランで副料理長を務めた目黒の星付きレストランのオーナーシェフが、危機を回避し超速で成長するための考え方が紹介されていて、サイゼリヤで飲食店の経営を学ぶ星付きシェフの様々な気づきについて紹介されている一冊です。

この本のPOINT

●サバンナ思考 = 危機感 × 気づき × 即行動
●マヨネーズ理論は、すごい人のやり方を丸パクリして最速最短で成長するメソッド
●既にうまくいっている所に飛び込んでいくのが、手っ取り早い

この本のブログ記事

kajogaki.com

「具体⇄抽象」トレーニング

著者:細谷 功 氏

具体化と抽象化を行き来して考えることが問題解決の鍵であり、学力テストのように正解がある問題ではなく誰も正解を知らない問題に対してはどのように解決策を考えれば良いのかについて思考力を高めるための本質的なポイントが紹介されている一冊です。

この本のPOINT

●問題発見と問題解決では、向かう方向が180度異なる
●抽象というインプットから具体レベルにつなげるためには、情報や知識の量と多様性が重要
●知識や経験の蓄積を「掛け算」することでレバレッジをかける

この本のブログ記事

kajogaki.com

東大思考

著者:西岡 壱誠 氏

ちょっと頭の使い方を変えるだけで、実は誰でも「頭がいい人」になれると、多くの東大生に共通している5つの思考回路を誰でも再現可能な思考法やもともとの頭の出来に関係なく実践可能なテクニックについて紹介されている一冊です。

この本のPOINT

●ほんのちょっとの工夫の中にそのヒント
●常に目標を数字を入れて3段階で設定する
●常に目的を考えて目的を持ち続ける

この本のブログ記事

kajogaki.com

スイスイ生きるコロナ時代

著者:福田 淳・坂井 直樹 氏

DXの本質は個人の好奇心の問題であり、コロナ時代に個人がDXできるかどうかでポストコロナ時代に大きな差がつくとし、今の時代に求められる個人の姿勢ついて紹介されている一冊です。

この本のPOINT

●DXの本質は「個人がDX化しているか?」ということ
●今の仕事のやり方を見直して全部変える
●マーケットにないものを見る力が必要

この本のブログ記事

kajogaki.com

ジーニアスファインダー

著者:山口 揚平 氏

強みとは異なる「天才性」こそがこれからの時代には重要だとし、個人が生まれた時に持っている固有の特性「天才性」を見つけることで幸福に生きることができ、過去の出来事や感情を整理しそこから自分の天才性を見つけるための手順について紹介されている一冊です。

この本のPOINT

●天才性は個々人に特有で1つとして同じものがない
●今、何を自分と約束するのかを明確に
●ライフスタイルが先で仕事が後

この本のブログ記事

kajogaki.com

ELEVATE

著者:ロバート・グレイザー 氏

優れた人が実践している習慣や考え方は、誰にでも真似できるとし、「精神」「知性」「身体」「感情」という4つの視点から、それぞれの能力をどのように高めるの具体的な方法について紹介されている一冊です。

この本のPOINT

●適切なことをもっとやる
●エネルギーを注ぐべきところと力の抜きどころを知る
●実行に移して堅実に取り組むことが必須

この本のブログ記事

kajogaki.com

非常識に生きる

著者:堀江 貴文 氏

常識に捉われて、嫌な仕事を続けたり、行動しないことこそが人生の無駄であるとし、より密度の高い人生をおくるための指針、遊ぶように自由に生きるための考え方について紹介されている一冊です。

この本のPOINT

●常識はいつだって思考を縛ろうとする
●優れた思考から物事は始まらない
●実現を可能にするには何をおいても行動

この本のブログ記事

kajogaki.com

お金か人生か

著者:ヴィッキー・ロビン ジョー・ドミンゲス 氏

自分の収入と支出を管理し自分にとって本当に大切なことにお金を費やすことを見つめ直すことを推奨し、経済的に自立し、早期リタイアを実現する「FIRE」の考え方のもとについて紹介されている一冊です。

この本のPOINT

●多いほど豊かではない
●十分とは安らぎの場所
●最も貴重な資源は時間

この本のブログ記事

kajogaki.com

深い集中を取り戻せ

著者:井上 一鷹 氏

普通に仕事や生活をしているだけでは集中しにくい環境におかれている現代において、集中力を高めるための時間の使い方や環境の作り方などすぐに使えるテクニックについて紹介されている一冊です。

この本のPOINT

●能動的に夢中になることが重要
●集中して取り組む時間が累計で1万時間になるとその領域のプロフェッショナルになれる
●人に与えられた集中時間の総量は5万時間しかない

この本のブログ記事

kajogaki.com

LIMITLESS 超加速学習

著者:ジム・クウィック 氏

マインドセット、モチベーション、メソッドという3つを改善することで、飛躍的に能力を高めることができるとし、記憶力の改善や加速学習などのメソッドを、Googleやナイキ、スペースX、GEなど様々な顧客に提供してきたジム・クウィック 氏が、効果的な学習方法について紹介されている一冊です。

この本のPOINT

●リミットレスとは今できるのレベルを超えて進歩すること
●マインドセットは自分や周囲に対して抱く固定観念や思い込み
●モチベーションは湧いたり湧かなかったりするものではない、やるかやらないか

この本のブログ記事

kajogaki.com

読書量よりも実践が大事

なぜ10選なのか

ハーバード式10冊読書術

エリートはほとんど本を読まない

  • ハーバードでもスタンフォードでも学生たちはほとんど本を読んでいない
  • 彼らは本を読むことを目的とせず、本をどう使うかビジネスの実践に重きを置いている
  • ビジネスの世界で最も大切なことは結果を出すこと
  • ビジネスにおける読書とは実践とつながってこそ効果を発揮する
  • 多くの人は、本から得た知見をビジネスの場で活用しようという視点が圧倒的に欠けている
  • 読んだページが1ページであっても1行であってもそれを実践につなげて結果を出せればその読書は成功と言える

読書量よりも実践が大事

  • 本を読むと課題の対処法を知ることができる
  • 知識や情報を知ったからといって課題がすぐに解決するわけではない
  • 「知っている」と「できる」は違う
  • 本を読んだだけでは何も変わらない
  • 何かをできるようになるには何度も繰り返して実践することである

ハーバード式10冊読書術

課題解決に焦点を絞った本の読み方

  1. 自分の課題を解決する本を10冊だけ選ぶ
    • 直面する課題を解決するために読む必要がある本
    • 将来の自分にとって有益だと思える本
    • テーマに興味があって実践してみたいと思っている本
    POINT

    ●10冊以外の本は再読する可能性があるものは書棚にしまう
    ●再読する可能性がないものは処分する
    ●本を整理することで自分の課題を整理し棚卸する

  2. 6つの基準を参考に選ぶ
    • はじめにとおわりにを味見する
    • 教授で選ぶ
    • 注目している人が読んでいる本を選ぶ
    • 社会人向けの公開講座の推薦図書を選ぶ
    • 図や絵が豊富な本を選ぶ
    • 書店ランキングを活用する
  3. 10冊をデスクの上に置く
    • 目の前の課題に合わせて10冊のリストは変化させていく
    • 何ヶ月もそのままである必要はない
  4. その都度、参照する
    • アテンションをはっきりさせる
    • リマインダーとして使う
    • 実践につなげる
  5. 合わない本を処分し空き容量を増やす
    • 捨てるという物理的な作業をすると、自分の中の空き容量が増えて新しいことがどんどん吸収できるようになる
    • 本の整理のコツは必要になったら、また買えばいいと割り切ること
  6. 「自分ならどうする?」で読む
    • ビジネスの現場では、自分の意見を持つことが求められる
    • 自分が登場人物の立場だとすれば、どう判断し、実行に移すだろうかという視点で物事を見る習慣は早くから身につけておいて損はない
  7. 課題と結果に、全意識をフォーカスさせる
    • 本は課題を解決するためのヒントや答えが書いてある箇所だけを読めばいい
    • 今の自分に必要な内容や面白く読める内容が書いてあるところだけを読んで残りは潔く読まない

この学びの本

世界のエリートは10冊しか本を読まない

著者:鳩山 玲人 氏

Amazonで確認

楽天市場で確認

本以外の自己啓発方法

本以外の自己啓発方法

本格的に学びたい方向けに自己啓発可能なオンラインで受講できるWEB講座があります。

お勧めの2つのオンラインで受講できる仕組をご紹介致します。

Udemy

世界最大級のオンライン学習プラットフォーム!【Udemy】

  • 受講者数:約4000万人(2021.03時点)
  • 講師数:約70000人(2021.03時点)
  • 講座数:約15.5万(2021.03時点)
  • Udemyは世界最大級のオンライン学習プラットフォーム
  • 世界中の学びたい人と教えたい人をオンラインでつなぐサービス
  • Udemyは米国Udemy,Inc.が運営するプラットフォーム
  • 日本ではベネッセが事業パートナーとして協業
  • Udemyは、月額制ではなく買い切り型の講座であることが特徴
  • 講師に直接掲示板から質問ができるので疑問を解決し自学自習をサポートしてくれます
  • 無料講座から20,000円代の講座が多い

Udemyの公式サイトはこちらから

Udemy公式サイト

BizLearn

ビジネスパーソンのためのオンライン講座(基本情報技術者試験・PMP・TOEICなど)【BizLearn】

  • 累計受講者数7,157万人以上のネットラーニングが提供するオンライン講座
  • 様々なビジネススキルが学べるオンライン講座を提供されています
  • 基本情報技術者試験対策講座あり
  • 午前免除制度対応でこの制度で午前試験をパスすることができます
  • 担任チュータの個別学習指導つき
  • 8,000円台から20,000円台の講座が多い

BizLearnの公式サイトはこちらから

BizLearn公式サイト

「Udemy」と「BizLearn」についてもっと詳しく『2大オンライン学習動画サービス「Udemy」と「BizLearn」を体験比較』で書いています。

kajogaki.com

もっと自己啓発を深堀りしたい方はこちらの記事がお勧めです。

自己啓発って具体的に何をすればいいか分からないを解決する記事を『自己啓発って具体的に何をすればいいか分からないを解決 | 社会人の学びのNote「kajōgaki(箇条書き)」』で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

自己啓発として本を仕事に活かす方法はこちらの記事がお勧めです。

自己啓発として本を仕事に活かす方法や自己啓発の必要性と時間の確保方法に関して『自己啓発として本を仕事に活かす方法 | 自己啓発の必要性と時間の確保方法も併せて理解』の記事で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

このブログ「kajōgaki | 社会人の学びのNote」は、忙しい日々でも、1日5分以内で読めるように、1記事を2,000文字から3,000文字以下に抑えてまとめ、5分程度で読めるボリュームの箇条書きでのまとめた社会人としての学びNoteをコンセプトに、ほぼ毎日、出来る限り学びのアプトプット記事を更新しております。

随時、新しい学びのアウトプット記事を更新してますので、是非、はてなブロガー様は読者登録その他の方お気に入りやブックマークなどをお願い致します。

最後に

今回は、自己啓発とマインドを学ぶためのおすすめの本を10冊、自分の学びノート替わりのブログ記事と共にご紹介させて頂きました。
興味のある方は、是非この本を手に取りじっくりと読んで、自分に取り入れて頂けたらと思います。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

三日坊主でも継続

昨日より今日の自分が0.1%何かで向上したとすれば
三日坊主で1年で300日学んだとしても
1年間1.3倍の成長
10年間10倍の成長
20年間100倍の成長
30年間1000倍の成長

TOP