kajōgaki | 社会人の学びのNote

1日5分で学べる箇条書きに拘ったビジネス知識・スキルの自己啓発ノート

人事制度改革をする時の人事の組み立て | 脱日本型雇用

人事制度改革をする時の人事の組み立て、脱日本型雇用

雇用制度を正しく設計するための正しい人事制度の考え方

ジョブ型雇用とは何かを本来の欧米の雇用システムと日本の雇用システムの違いを解説しながら人事制度の本質を解説してくれ、欧米の人事制度を表面的に取り入れるだけでは多くの日本企業が抱える問題は解決しないと説きながら、どのように人事制度を設計すれば良いかを「人事の組み立て ~脱日本型雇用のトリセツ~」著者:海老原 嗣生 氏から学ぶことができます。

次のような方に向けて書きました

● 人事制度に携わっている方
● 雇用システムを考えている方
● ジョブ型雇用を考えたい方

日本と欧米の雇用システム

  • 欧米の人事制度は職務主義であり日本の人事制度は職能主義
  • それぞれには大きな違いがある
職務主義(欧米型)

● 職務にピッタリな人材を任用
● ポストに応じて給与が決まる
● ポストには定員がある

職能主義(日本型)

● 個人の能力に合う職務を用意
● ポストではなく個人の等級で給与が決まる
● 等級には定員がない

  • ポストとは本来どのような仕事をする人が何人必要かで設けられたもの
  • ポスト=職務=賃金となるのが人事管理上の当たり前
  • 日本では1つのポストに多職務・多賃金が入り交じりそれを職能等級で管理
  • 同じポストなのに役割給や職責給によって給与も職務も異なる人材が混在
POINT

職能主義に起きて、職務主義では起きづらいのが、総人件費の上昇

  • 職務主義ではポストの定員が増えない限り給与は頭打ちになる
  • 職能主義では企業規模が変わらいままでも個々人のランクアップにより総人件費が上昇する
  • 欧米のようにポスト=職務に変えてしまうと今度は定員問題が生まれる
  • ポストが一杯だからもう出世できないことで能力アップした人が他社に流出する
  • 出世を諦めたやる気のない社員ばかりになりかねない
POINT

人事制度には、一長一短があり、メリットとデメリットのトレードオフで成り立っている

欧米型雇用の良悪

  • 日本型の無限定な働き方は、易しい仕事から始めて慣れたらだんだん難しい仕事に入れ替えるというもの
  • 結果、知らない間に習熟を重ね給与も職位も上がっていく
  • キャリアの無限階段が作られる
  • 欧米のジョブ型労働はジョブとジョブの間の敷居が高い
  • 企業主導で無限階段を容易には作れない
POINT

キャリアアップの方法はやる気のある人がジョブとジョブの間の敷居を職業訓練などで乗り越えるか、一部のエリートが自分たちのために用意されたテニュアコースを超スピードで駆け上がるかのどちらか

  • 多くの一般人は生涯にわたって職務内容も給与もあまり変わらない
  • その結果、日本と欧米では労働観が大きく変わってしまう
日本

「誰でも階段を上がって当たり前」という考え方が、働く人にも使用者にも常識となり、「給与は上がって当たり前、役職も上がって当たり前」(労働者側)、「入った時と同じ仕事をしてもらっていては困る。経験相応に難易度は上がる」(使用者側)

欧州

● 例外的なケースを除けば、事務で入った人は一生事務をやる
● 経営管理に関しては、グランゼコールや大学院などでそれを学んだ人が就き、入社した時から「管理の卵」としての扱いを受ける

  • 同じ仕事を長くしていれば熟練度は上がり同時に倦怠感も高まるという2つの理由で労働時間は短くなる
  • ドイツやフランスでは残業はほとんどない
  • 年間40日もある有給休暇も完全に消化する
  • 欧州型の「300〜500万円」で働く人こそ本当の意味でジョブ型労働者

欧米型雇用の問題

  • スキルは未熟なのに賃金は熟練者と大して変わらない若者の失業率が高くなる
  • 一部のエリートのみモチベーションが高く猛烈に働くが、それ以外の大多数はやる気がない
  • こうした2つの大きな問題とトレードオフでメリットが生まれる
  • 低モチベーションのジョブワーカーたちは短時間勤務と潤沢な休暇で、ワーク・ライフ・バランスが充実
  • 年収が変わらず大きな昇進もないために会社を変えても長期休暇をとっても、後輩に抜かれるということがないため転職や休職にためらいなく踏み切れる

日本型雇用の問題

  • 日本は原則として誰もが階段を上がり職務難易度と年収を上げていく構造にある
  • その結果、欧米とは真逆の問題が生じる
  1. ワーク・ライフ・バランス問題:誰もが階段を上れる代わりに、頑張り続け、長時間労働化
  2. ブラック企業とパワハラ:給与が低いのに、幹部候補という理由で長時間労働させる
  3. 非正規問題:コースアウト者の著しい低待遇
  4. 出産した女性のキャリア問題:途中でブランクが生まれ、階段から外れる
  5. 働かない管理職(ミドル/シニア)問題:パフォーマンスが低くても高給な熟年

本当のジョブ型雇用を考えよ

  • 階段を上れるキャリアであり、上らなければいけないキャリアしかなかった
  • 仕事生活の前半戦ではそれが欧米の「入り口で決まる」社会よりも良い面が多そうだが後半戦になると問題が多々出てきた
  • 皆が管理職になれるという幻想の中でやみくもに働いていた
  • 多くの人が昇進できたバブル期前でならこの働き方も帳尻があった
POINT

● 昇進という幻想で無茶働きさせるインチキさに終止符を打つべき
● 同じ給与で同じ仕事を続ける階段から下りるコース設計こそ本物のジョブ

マネジメントに関してもっと学びたい方向けにマネジメントを学ぶために読むべき2021年おすすめの本として「厳選10選」もまとめさせて頂いてますので、下記にブログ記事を貼っておきますので、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

この記事のまとめ

● ポストとは本来どのような仕事をする人が何人必要かという意味
● ポスト=職務=賃金となるのが人事管理上の当たり前
● 階段から下りるコース設計こそ本物のジョブ型

今回学んだ本

Amazonで確認

楽天市場で確認

興味のある方は、是非この本を手に取り、じっくりと読んで自分に取り入れて頂けたらと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

三日坊主でも継続

昨日より今日の自分が0.1%何かで向上したとすれば
三日坊主で1年で300日学んだとしても
1年間1.3倍の成長
10年間10倍の成長
20年間100倍の成長
30年間1000倍の成長

TOP