平凡な社会人の学びのNote | 自己啓発

kajōgaki | 社会人の学びのNote

1日5分で学びの時間に使える箇条書きに拘った凡人社会人の自己啓発ノート

【厳選10選】マーケティングを学ぶために読むべき2021年おすすめの本

【厳選10選】マーケティングを学ぶために読むべき2021年おすすめの本

マーケティングを学ぶためにお勧めの本

良いものが売れる時代から売れるものが良いモノの時代へ
ビジネスにおいて、サービスやモノを販売して付加価値を対価に変えないと意味がないのは当たり前で、日本の企業が弱い部分はマーケティングと言われています。
今回は、マーケティングを学ぼうとする方やマーケティングを自分の仕事に生かしていこうと思う方向けに、2021年マーケティングを学ぶために読むべき本を厳選して10冊まとめてご紹介させて頂きたいと思います。

はてなブロガー様は是非、読者登録をお願いします。

生活者モード戦略

著者:佐藤 智施・大倉 幸祐 氏

つながるテクノロジー(SNSやIoTなど)によって、人々の欲求は周囲の環境によって影響を受けることになった現代社会で、いかに生活者の欲求をとらえ、事業やマーケティング戦略を策定すべきかについて紹介されている一冊です。

この本のPOINT

● 生活者を突き動かす原理=欲求の正体を明らかにする
● 多面的な暮らしを営む存在(=生活者)として、全円的に捉える
● 商品・サービスをコトとして提供することが必要

この本のブログ記事

kajogaki.com

マーケティングとは「組織革命」である。

著者:森岡 毅 氏

策を立てるよりも、実行することが難しいく、いかに組織を変革し、マーケティングを機能させれば良いかを、USJの業績をV字回復させたマーケターの森岡毅氏がマーケティングが機能する組織の作り方を紹介している一冊です。

この本のPOINT

● 組織とは一人ひとりの能力を引き上げる装置
● 消費者とプロダクトの双極性の関係を機能させることに責任を持つ
● 自己保存の本能を逆手に取る

この本のブログ記事

kajogaki.com

THIS IS MARKETING

著者:セス・ゴーディン 氏

広告やSNSによって顧客に押し売りせず、特定の顧客に向けて、顧客が求めるものを提供する正しいマーケティグのあり方を説き、キャズムやポジショニング戦略、ロングテールなど、マーケティングの基本的な知識がまとまって紹介されている一冊です。

この本のPOINT

● 変化を起こしたいのなら文化をつくる
● 消費者に強引な営業をし無理やり注意を向けさせるのはやめる
● 伸びそうな最小の市場にターゲットを定める

この本のブログ記事

kajogaki.com

「心」が分かるとモノが売れる

著者:鹿毛 康司 氏

顧客の隠れた深層心理を見抜くことができれば、顧客を動かすことができますが、顧客の深層心理を理解するために大切なことを紹介している一冊です。

この本のPOINT

● マーケティング手法やツールを使っても心は見つけれない
● 自分の行動や感情、意識に目を向ける
● まずは自分自身の心のツボを見つけることが重要

この本のブログ記事

kajogaki.com

トリガー

著者:楠本 和矢 氏

学問としての行動経済学をどのようにして実際のマーケティングに使えば良いかを効率よく好感認知をつくる・新たなニーズを創る・魅力的なものに見せる・購入ストレスを軽減する・自然に継続させるというマーケティング施策の根拠の手引きとして使え、人の行動パターンを分析する行動経済学をマーケティングに活用できるように、理論の要点や具体的な事例を整理してを紹介している一冊です。

この本のPOINT

● 一貫性の法則でファンから情報発信
● 損失回避性で生活者にリスクを連想
● バンドワゴン効果でとにかく№1

この本のブログ記事

kajogaki.com

リノベーション・オブ・バリュー

著者:田村 高志・古谷 奈菜・水師 裕 氏

テクノロジーの進化によって人間らしさが失われつつある昨今において逆に古さや不便といったことに人の幸福度を高めることを、古さ・無駄・無・コンプレックス・黒歴史という5つの負の事象を価値転換し優れた顧客体験を生み出すための手法を紹介している一冊です。

この本のPOINT

● マーケティングによって価値のリノベーション
● 負のマーケティングは人間・人間の生
● 人間らしさは計算不可能なもの

この本のブログ記事

kajogaki.com

「顧客消滅」時代のマーケティング

著者:小阪 裕司 氏

コロナ禍でも売上が落ちなかったりむしろ売上が伸びた事例などでコロナ禍でも売れる仕組み作りを紹介して、いかにファンをつくるかという今後も普遍となるマーケティングの鉄則を解説しコロナ禍に負けないビジネスの要諦を紹介している一冊です。

この本のPOINT

● 心豊かになる商品への思考
● フロー型からストック型への変化
● ファンダムを形成していく

この本のブログ記事

kajogaki.com

ランチェスター戦略

著者:水上 浩一 氏

具体的な方法や事例が多数載せられており、ネットショップ運営で考えるべきことを多く学べ、ランチェスター戦略をベースに6つの視点で小規模なネットショップが成功するための方法を紹介している一冊です。

この本のPOINT

● 弱者の戦略で強者を打ち負かす
● リソースの一点集中と効率化が重要
● 市場の絞り込みにはキーワードの役割が極めて重要

この本のブログ記事

kajogaki.com

いかなる時代環境でも利益を出す仕組み

著者:大山 健太郎 氏

コロナ禍において、大きく業績を伸ばしているアイリスオーヤマの経営戦略が書かれた一冊で、世の中の大きな変化の時こそがビジネスチャンスだとして、機会を逃さないための仕組みや利益を出し続けるために行なっていることなどを紹介している一冊です。

この本のPOINT

● ビックチェンジにはビックチャンスが到来
● 稼働率より瞬発力の経営
● 使う人の立場になって考える

この本のブログ記事

kajogaki.com

メガヒット・マーケティングの法則

著者:中島 徹 氏

シンプルにわかりやすく、顧客にモノやサービスを買ってもらうための鉄則が書かれて、うまくいっているビジネスモデルに共通するマーケティングの法則を紹介している一冊です。

この本のPOINT

● 重要度が高いのは事前教育
● マーケティングファネルを利用して濃い顧客を増やす
● バックエンドで黒字化を行う

この本のブログ記事

kajogaki.com

読書量よりも実践が大事

なぜ10選なのか

ハーバード式10冊読書術

エリートはほとんど本を読まない

  • ハーバードでもスタンフォードでも学生たちはほとんど本を読んでいない
  • 彼らは本を読むことを目的とせず、本をどう使うかビジネスの実践に重きを置いている
  • ビジネスの世界で最も大切なことは結果を出すこと
  • ビジネスにおける読書とは実践とつながってこそ効果を発揮する
  • 多くの人は、本から得た知見をビジネスの場で活用しようという視点が圧倒的に欠けている
  • 読んだページが1ページであっても1行であってもそれを実践につなげて結果を出せればその読書は成功と言える

読書量よりも実践が大事

  • 本を読むと課題の対処法を知ることができる
  • 知識や情報を知ったからといって課題がすぐに解決するわけではない
  • 「知っている」と「できる」は違う
  • 本を読んだだけでは何も変わらない
  • 何かをできるようになるには何度も繰り返して実践することである

ハーバード式10冊読書術

課題解決に焦点を絞った本の読み方

  1. 自分の課題を解決する本を10冊だけ選ぶ
    • 直面する課題を解決するために読む必要がある本
    • テーマに興味があって実践してみたいと思っている本
    • 将来の自分にとって有益だと思える本
    POINT

    ● 10冊以外の本は再読する可能性があるものは書棚にしまう
    ● 再読する可能性がないものは処分する
    ● 本を整理することで自分の課題を整理し棚卸する

  2. 6つの基準を参考に選ぶ
    • はじめにとおわりにを味見する
    • 教授で選ぶ
    • 注目している人が読んでいる本を選ぶ
    • 社会人向けの公開講座の推薦図書を選ぶ
    • 図や絵が豊富な本を選ぶ
    • 書店ランキングを活用する
  3. 10冊をデスクの上に置く
    • 目の前の課題に合わせて10冊のリストは変化させていく
    • 何ヶ月もそのままである必要はない
  4. その都度、参照する
    • アテンションをはっきりさせる
    • リマインダーとして使う
    • 実践につなげる
  5. 合わない本を処分し空き容量を増やす
    • 捨てるという物理的な作業をすると、自分の中の空き容量が増えて新しいことがどんどん吸収できるようになる
    • 本の整理のコツは必要になったら、また買えばいいと割り切ること
  6. 「自分ならどうする?」で読む
    • ビジネスの現場では、自分の意見を持つことが求められる
    • 自分が登場人物の立場だとすれば、どう判断し、実行に移すだろうかという視点で物事を見る習慣は早くから身につけておいて損はない
  7. 課題と結果に、全意識をフォーカスさせる
    • 本は課題を解決するためのヒントや答えが書いてある箇所だけを読めばいい
    • 今の自分に必要な内容や面白く読める内容が書いてあるところだけを読んで残りは潔く読まない

この学びの本

世界のエリートは10冊しか本を読まない

著者:鳩山 玲人 氏

Amazonで確認

楽天市場で確認

マーケティングを学ぶ方法

マーケティングを学ぶ方法

マーケティングを本格的に学びたい方向けにオンラインで受講できるWEB講座があります。

お勧めの2つのオンラインで受講できる仕組をご紹介致します。

Udemy

世界最大級のオンライン学習プラットフォーム!【Udemy

  • マーケティングの講座は全部で9,614件(2021.07.01現在)
  • マーケティングの日本語の講座は272件(2021.07.01現在)
  • Udemyは世界最大級のオンライン学習プラットフォーム
  • 世界中の学びたい人と教えたい人をオンラインでつなぐサービス
  • Udemyは米国Udemy,Inc.が運営するプラットフォーム
  • 日本ではベネッセが事業パートナーとして協業
  • Udemyは、月額制ではなく買い切り型の講座であることが特徴
  • 講師に直接掲示板から質問ができるので疑問を解決し自学自習をサポートしてくれます
  • マーケティングの日本語講座では2,000円台から20,000円台までの講座

Udemyの公式サイトはこちらから

Udemy公式サイト

BizLearn

ビジネスパーソンのためのオンライン講座(基本情報技術者試験・PMP・TOEICなど)【BizLearn】

  • マーケティングの講座は全部で4件(2021.07.01現在)
  • MBA独学から実践的な講座まであり
  • 学習の進み具合を進捗バーで視覚的に把握可能
  • 各章の終わりには確認テスト
  • 読むだけでなく、より実際のシチェーションを意識した学習
  • マーケティングの日本語講座では10,000円台から30,000円台までの講座

BizLearnの公式サイトはこちらから

BizLearn公式サイト

「Udemy」と「BizLearn」についてもっと詳しく『2大オンライン学習動画サービス「Udemy」と「BizLearn」を体験比較』で書いています。

kajogaki.com

もっと自己啓発を深堀りしたい方はこちらの記事がお勧めです。

自己啓発って具体的に何をすればいいか分からないを解決する記事を『自己啓発って具体的に何をすればいいか分からないを解決 | 社会人の学びのNote「kajōgaki(箇条書き)」』で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたらご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

自己啓発として本を仕事に活かす方法はこちらの記事がお勧めです。

自己啓発として本を仕事に活かす方法や自己啓発の必要性と時間の確保方法に関して『自己啓発として本を仕事に活かす方法 | 自己啓発の必要性と時間の確保方法も併せて理解』の記事で書かせて頂いておりますので、ご興味ございましたら、ご覧頂けたら幸いです。

kajogaki.com

このブログ「kajōgaki | 社会人の学びのNote」は、忙しい日々でも、1日5分以内で読めるように、1記事を2,000文字から3,000文字以下に抑えてまとめ、5分程度で読めるボリュームの箇条書きでのまとめた社会人としての学びNoteをコンセプトに、ほぼ毎日、出来る限り学びのアプトプット記事を更新しております。

随時、新しい学びのアウトプット記事を更新してますので、是非、はてなブロガー様は読者登録その他の方お気に入りやブックマークなどをお願い致します。

最後に

今回は、自己啓発としてマーケティングを学ぶためのおすすめの本を10冊自分の学びノート替わりのブログ記事と共にご紹介させて頂きました。
興味のある方は、是非この本を手に取りじっくりと読んで、自分に取り入れて頂けたらと思います。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

三日坊主でも継続

昨日より今日の自分が0.1%何かで向上したとすれば
三日坊主で1年で300日学んだとしても
1年間1.3倍の成長
10年間10倍の成長
20年間100倍の成長
30年間1000倍の成長

TOP